ウェイクボードケース SPORTUBEトラベルハードケース シリーズ3 BLACK05P12Oct17

本気で遊ぶ大人のためのトラベルケース
飛行機や船での道具の輸送、宅配業者への出荷から車載まで。
世界ナンバー1のアクティブハードシェルがあなたの大切なギアを保護します。

高密度ポリエチレンのブロー成形により非常に強い耐久性を有し、あなたの荷物が直面するあらゆる困難を回避します。

Sportubeケースは、スピアフィッシングギアの他にもフィッシング、キャンプ、スノースポーツギアに加えて、カヤックパドル、水上スキー、楽器など他の多くの製品を運ぶために世界中のプロフェッショナルなユーザーに広く愛されています。

【SPORTUBE】トラベルハードケース

手銛、スピアガンの他、ソロで必要な一通りのスピアフィッシング機材に加え、キャンプ道具等まで収納出来るサイズです。
スピアガンの場合、8〜10丁程度+シャフトを収めることが出来ます。

◆長尺手銛やスピアガン、その他の潜り道具やテント、シュラフなどのキャンプ道具をひとつにまとめることが出来ます。

◆長尺手銛の収納について:シリーズ1と2は一本あたり2000mm、シリーズ3は1750mm程度の手銛に対応しています。

◆ビッグフィッシュを丸ごと一本移送する際の簡易ケースとしてもご利用いただけます。

◆ケースのノーズに脱着可能なイージープルハンドルとテールに搭載されているホイールを組み合わせることで、重い荷物をスーツケースのように転がして運ぶことが出来ます。

◆セキュリティを強化するためにロック可能な構造になっています。
ケースの開閉防止には、別売りのSportubeワイヤーロック、ケースの盗難防止には自転車用のコードロックを用いて周辺の支持物に固定するのが有効です。

◆ハードプラスチックシェルによる妥協のない強度と耐久性でカーボンフィンなどデリケートな道具を安全に移送することが出来ます。

◆自動車の車内はもちろん、ルーフ積みにも対応します。

◆ご自宅に道具を置いておく場合にも他の収納を必要とせずコンパクトかつスタイリッシュに保管出来ます。

◆ご旅行の際には、簡易的なスーツケースとしてもお使いいただけます。

◆自動車に載せる場合
道具をケースに収めてルーフラックに積むことで車内を広々と使うことが出来ます。
海で車を無人にしたり車中泊で道具を外置きする場合は、道具や貴重品をケースに収めてからコードロックなどを用いて車両の支持物に固定しておくと車上荒らしや盗難対策になります。

◆船や電車、飛行機に乗る場合
目的地への移動時にリュック、手銛ケース又はスピアガンケース、フィンケース、ウエイトベルトなど複数を持ち歩くのは非常に大変です。
Sportubeならこれらの道具をひとつにまとめてスーツケースのように転がして簡単に持ち運ぶことが出来ます。
飛行機の手荷物カウンターに荷物を預ける場合はエアライン各社に預けられる荷物のサイズ、重量をお問い合わせください。

◆宅配業者を用いて道具を送る場合
遠征時、宿などに荷物を送る場合、複数の個口になることなくスマートに道具を移送することが出来ます。
また、RVボックスやダンボールなど他の容器を用意する必要がなく、移送時における破損の心配もありません。

内部にはあなたの大切なギアを安全に保護するためにケースのノーズとテールの両端は発泡スチロールでプロテクトしています。
Sportubeのテレスコピック設計はときに機器が安全に保存できるようにワイヤーケースピンやワイヤーロック を用いて、ケースの上下に加わる圧力を一定に維持することに成功しています。
Sportubeケースは、プロのギアを保護するための最適な選択肢のひとつです。

コメント

【仕様】
◆内径サイズ:幅368mmX 高さ200mm
◆長さ(調節可能):1070〜1830mm
◆重量:6.35kg
◆材質:高密度ポリエチレン
◆付属品:イージープルハンドル、ワイヤーケースピン1個
◆商品は、ヤマト便(30Kg以下)でのお届けとなります。

 最大長さでのご使用時にヤマト便を利用してケースを発送する場合は、容積換算で40Kg以内に収まります。
(容積換算重量:約38Kg)
◆手銛、スピアガンの他、ソロで必要な一通りのスピアフィッシング機材に加え、キャンプ道具等まで収納出来るサイズです。
スピアガンの場合、8〜10丁程度+シャフトを収めることが出来ます。


【シリーズ1】

【シリーズ1】

【シリーズ2】

【シリーズ2】

【シリーズ3】

【シリーズ3】

型番:1708A28005
価格: 38,880円 (税込) 送料別 送料2,160円

商品のご購入はこちらから

※ポイント変倍につていはキャンペーンが終了している事があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク